250EXC TPI エンジン不動!?

↑点検ちうの図

18モデルのKTM 250EXC、エンジンがかからなくなって
しまったとの電話を頂きました。うぎょえ~

 

↑新旧スパークプラグの図

燃料供給系のトラブルだったら面倒クサイ事になるなぁ、
と、内心ではなく、思い切りビビってましたが、
とりあえず、車体を持ってきてもらって点検です。
始動後、暖機中に止まってしまったまま、かからなくなって
しまった模様。
まずは火が飛んでるか確認だー、とスパークプラグを外すと
ウエッティーな状態で、クランキングさせてみると
火花はビミョーなヤツがでてるだけ。

おぉ~う、ラッキー。
スパークプラグを交換して、事なきを得たのでございます。

知らない物は怖いもの。
ついつい面倒な方向に考えがちッスよねぇ。

あと、あのカブちゃったプラグの、ナゼか見た目でいくら
キレイに掃除しても、火の飛びップリがイマイチになる謎。
ガイシと電極の継ぎ目の奥ぅ~の方まで燃料とかが
入り込んじまうんスかねぇ。謎だよなぁ。

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

「250EXC TPI エンジン不動!?」への2件のフィードバック

  1. プラチナとかの高級プラグは復活しませんね~
    B8ESとか一番安っぽいやつはカブりづらいし、洗浄で割と復活します。
    なんでだろ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です