イボイボタイヤスクーター

↑完成~の図

スズキのアドレスV125G整備のご依頼です。
と、いうか、泥ンコ仕様への変更のついでの整備です。

 

↑フロントホイルの図
ブレーキディスクも交換ちう
↑イボイボタイヤの図
VeeRubberのVRM140 2.75-10サイズをチューブ入りで組みます
↑フロントタイヤ組み込み完了~の図

まずはフロントホイルから。
ブレーキディスクとパッドも交換です。
予算のご都合もあり、キャリパーの整備は、軽いお掃除と
ピストンもみもみ&スライドピンの給油だけ。
ピストンはエラく動きが重たくなってました。

そして、履いていたタイヤを剥がし、エアバルブも取り去って
イボイボタイヤをチューブを入れて組みます。
空気の管理がしやすいように、曲がったタイプの口がねが
付いているチューブを組んでみました。

 

↑ハンドルカバー(後ろ)組換えちうの図
↑ハンドルカバー(前)組換えちうの図

お次は、ハンドルのカバーの交換です。
バキバキに割れてしまって、ガムテープで止まっておりました。
これから泥ンコ遊びをしようっていうのに、
バキバキだとカッチョ悪いから、新品を組む!という
酔狂なオーナー氏です。

スイッチやらレンズやら、全部移植しないとイカンです。
掃除しながら組み替えて行くと、結構時間食います。

 

↑作業前の図
↑一発目荒研ぎの図
↑仕上げ一歩手前の図
↑磨き完了~の図
作業前の写真と比べて下さい
↑新品の顔の図
他とつり合わず浮いている

で、ヘッドライトのレンズが激曇りです。
コレも新品に返るというので、それは流石にお金かけ過ぎ
だと思うので、止めるように進言しちゃいました。
で、酔狂なオーナー氏の心意気に答えるべく、
ワタクシも根性だして磨きました。完全に趣味です。
以前、ウチの軽トラのヘッドライトレンズを磨くのに
用意した補修材があったので、ソレで使いました。
新品同様にはほど遠いですが、かなりクリアになりました。
最近は良い補修剤があるんですねぇ。

 

↑リアブレーキ部品交換完了~の図
↑交換したカムの図
角っちょ減り気味
↑ホイル仮組みの図

次にリアです。まずはブレーキから。
もうワイヤーが調整できないくらいな位置まで張ってあって
こらーもうブレーキドラムもヤバそうですねーって話をしていたら
オーナー氏が新品ホイルも持って来ました。スゲー。
ブレーキシューを交換はモチロンですが、案外ブレーキシューを
動かしているカムの角ッチョも減っていて、ソレ原因で
シューのリフト量が少なくなっちまってる場合もあるので、
今回はその辺りゴソっと交換です。
カムのシャフト部分もエラく固着していて、その辺りも
キレイに掃除して組み直しました。
おかげで、気持ち良くブレーキがかかるようになりました。

 

↑リアホイルの図

モチロンリアタイヤもイボイボタイヤ。
ちなみに、今回のタイヤはVeeRubber製のVRM140
Tackeeコンパウンドの2.75-10というサイズです。
元々組んであった100/90-10と比べると、一回り外径が小さいです。
コレはコレで、ギア比的にファイナルが短くなって良いカモ。
泥ンコ走るには、外径が大きい方が良いですが、
スクーターの場合、すぐにタイヤと車体が擦っちゃうので
良いタイヤを探すのが難しいように思われます。

  

 

↑新旧マフラーのガスケットの図
↑セットアップ&充電完了~の図
↑エアクリーナーボックスの図
↑ビミョーにしか残っていないエアクリーナーエレメントの図
↑新旧スパークプラグの図

タイヤの交換が終わったら、マフラーを新品のガスケットに交換して
組み付けます。

平行して、液を入れて充電しておいたバッテリーを交換。
やっとエンジンをかける事ができました。

次にエアクリーナーエレメントの交換です。
交換しようと思って、エアクリーナーボックスのフタを開けたら
既にバラバラになって、ほとんどエンジンに食べられてしまって
ました(笑)。本格的にホコリっぽいところを走る前に
エアクリーナーエレメントを組み込めて良かったデス。

平行してエンジンオイルも交換。
ストレーナーは外して掃除。オイルフィルターは交換です。
っていうか、ちゃんとオイルフィルターが装備されている辺り、
流石は通勤快速。長持ち装備は充実してますね。

そんでもって、スパークプラグも交換です。
古いのは、ソコソコ角も無くなって、カーボンだらけでした。

 

↑スロットルホルダーの図
特殊な形してます
↑ムリクリグリップ組み付け
↑左側グリップの図

最後にハンドルのグリップを交換。
オーナー氏持ち込みのarieteのカッチョ良いヤツ。
で、スロットル側のグリップを剥がしてビックリ。
ホルダーとグリップに溝がついていてハマるようになってました。
やっぱ常に全開でギュウギュウ力かけられちゃうから、
グリップだけ回ってしまわないようにしてあるんでしょうね。
スクーター、そこまでヤルかぁ~

オーナー氏が何て言うか判りませんが、とりあえず、
とにかく新しいグリップをムリクリ組んでみました。
途中グリップが破けるかと思うくらい入りませんでした。

左側グリップは至って見慣れた感じ。
普通~な感じに仕上がりました。

 

↑完成~の図
↑イボイボ~の図

てな事で、作業完了。
エラく沢山の部品を投入したので、スゲー金額になりました(汗)
おかげで工賃もらいにくいです(爆)

ブレーキの効き具合の確認をするべく、砕石を敷いた通路で
走らせてみましたが、気持ち悪いくらい凄い勢いで加速します。
イボイボタイヤ恐るべし。小径になってしまったタイヤも
泥ンコ走行用途としては、もしかしたら良い方向だったかもしれません。
うー、ちょっとコースで乗ってみてぇ~
世の中、面白い遊びをする人達が居るんですねぇ。
走らせた後に、どんなだったから話を聞くのが楽しみです。

あとは、調子に乗って飛んだり跳ねたりしているウチに
フレームが閉じたり開いたりしないと良いですね。
イヨイヨの時は、昔懐かし、フレームに突っ張り棒を入れましょうネ!

てな事で、一件落着。
皆さまからの作業ご用命をお待ちしております。
<(_ _)>

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です