ジャイロキャノピー中古車整備

↑スロットルワイヤー整備ちうの図

一応「素材」という方向で販売ちうの中古ジャイロキャノピー
ですが、そのまま渡すのは気になっちゃうので、整備してみました。

 

↑オイルポンプ取り出しちうの図
↑オイルポンプ整備ちうの図
↑整備完了~の図
↑試運転&エア抜きちうの画

えー、まずはオイルポンプです。
微妙に回転を拾っているシャフト部分から漏れているようで、
長時間放置した後に始動すると、しばらく排気が煙モクモクに
なりってました。特に気にしない人は気にしないレベルかも
知れませんし、素材って事でお安く出しているので、
その後の事は次期オーナーさんにお任せだーって思ってました。
が、そのまま出す事を自分自身が気になっちゃったので、
整備してから出す事に。

只今絶好調に、普通♡

 

↑カバーひっぺがしちうの図
↑アクセルワイヤー給油ちうの図
全然通らないので、外して真っ直ぐにして作業

さて、エンジンの方が調子良くなったのですが、
試乗しているとスロットルワイヤーの動きがビミョーに重くて、
今度はソッチが気になり始めました。

てな事で、面倒クサイのイヤだけけど、心残りがあるのは
もっとイヤなので、整備です。
昔懐かしな2stエンジンですので、ワイヤーは途中で二股に分岐。
合計3本で構成されてます。なもんで、そいつら全部やっつけないと
スコスコ動くようになりません。しかも、3本中2本が
なかなかオイルが通らなくて、フレームに組まれて
湾曲させたままの整備は諦めて、一度外して真っ直ぐにしてから
作業しました。あー、どんだけ時間つかってんだー。
毎度の事ですが、新品かった方が安いし早いじゃーん。

てな事で、苦労した甲斐があり、新品組むよりもはるかに
スコスコと良く動くようになりました。ジャイロシリーズ、
ブレーキも含めて 、変なワイヤーの取り回しにしちゃうと、
たとえ新品ワイヤーでも操作感がイマイチになりますからね。
小僧の頃の経験が今頃役に立ちました。

てな事で、中古のジャイロキャノピー、至って普通になりました。
価格は現在セール中で5万円とさせて頂いちゃっている手前、
整備してもそのまんま5万円とさせて頂いております。
詳細はこちらからご確認下さいマセ。
後は、購入されてから、気が済むまで手を入れて
もらえればと考えております。
(とりあえず、そのまんまで普通に乗れると思いますけどね)

ではでは、皆さまからのお声がけをお待ちしております。

<(_ _)> <(_ _)> <(_ _)>

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

「ジャイロキャノピー中古車整備」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です