中古カブ整備ちう

↑出て来たエンジンオイルの図

先日、当店のお客さまが売却を希望されていたカブの50、
めでたく嫁ぎ先がみつかりまして、嫁ぎ先様より
整備のご依頼を頂いております。

 

↑補充電ちうの図
↑組み込み完了~の図

えー、今日はエンジンオイルとバッテリーの交換です。
それ以前に、エンジンがかからなかったので、キャブレターの掃除と
調整もご依頼いただいてましたが、そちらは既に作業済み。
スパークプラグと、プラグキャップの交換もご依頼
頂いておりますが、入荷は週末辺りになってしまいそうです。

ともあれ、先に届いた新品バッテリーに液を入れながら、
エンジンをオイルを交換。チョロリと裏の原っぱで走らせて、
エンジンオイルを暖めつつかき混ぜてから排出します。
まー、それなりにお疲れな感じのが出て来ましたが、
量もそれなりに入っていたので、特にOKでしょう。

その後、液を入れてひとしきり反応が終わったバッテリーは、
バッテリー液注入口にフタをして、13.8Vで0.5Aくらいかけて
じわーっと充電しつつ放置。電流が流れなくなったところで
車体に組み込んで完了~。

と、思ったら、メインキーの接点がイマイチみたいで
キーを回した時の微妙な位置関係で、スイッチが入ったり切れたりで
具合が悪し。少々調整しすると、安定して入るようになったので、
コレで様子みてもらいましょう。

てな事で、こちらはしばらく、部品の入荷待ち。

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です