「原付」パンク修理のご依頼

↑作業ちうの図

この頃、当店へ頂く問い合わせの内で大変多い「原付」修理のご依頼です。
タイヤがパンクしてしまったそうです。

  

↑タイヤ入荷~の図

「原付」の正体は、やっぱり50ccのスクーターでした。

一昨日通勤中にパンクしてしまい、ウチの近所のガソリンスタンドで
預かってもらったそうで、昨日の朝イチで持ち込んで下さいました。
ワタクシも経験ありますけど、ガソリンスタンドって、
二輪車のパンクだっつったら、ノータッチの姿勢は崩さないんですよねぇ。
まー、面倒な事に発展する可能性が低くないですから、当然の対応でしょう。

パンクはリアタイヤで、空気を入れてみるとエア漏れは無さそう。
でも、センター付近はスリックタイヤみたいにキレイにツルツルに
減っていて、サイドに微妙に残ったグルーブの角はヒビヒビです。
多分、内圧をほとんどかけない状態で長い時間乗っていたのでしょう。

ともあれ、もうタイヤはダメですよ~って説明をしたら、
交換ご希望との事で、お預かりしての対応となりまし。

 

↑リム変形の図

そんでもって、昨日速攻で発注をかけておいたタイヤが
予定どおり本日の午前中に入荷。
流石タイヤ商社様、迅速な対応でございます。(助かるぅ~♡)

聞いた話では、量をこなす手練れはマフラーを外さずに
スクーターのリアタイヤを交換するという話を聞いたことが
ありますが、ワタクシは急がば回れでマフラーは外しました。
エキゾーストパイプもサビサビだったし、
タイヤを通す時にウニ~って外側に引っ張った途端に
バキっとなったりしたら、エライ事になりますからね。
でもまー、最近の4stモデルは、O2センサーも付いているし
少しでも手間を省きたい気持ちもわかります。

てな事で、チューブレスホイルなので、一応傷を付けては
マズいので、タイヤチェンジャー使います。
タイヤをはぐってみると、リムの淵がタイヤと擦れてピカピカに
なっていたので、タイヤの空気圧がおかしな事になっていたのは
間違いないでしょう。(フロントも0.6kgくらいだったし)

そして、掃除してみると、ベコベコである事に気づきました。
複数箇所凹んでます。まるでコキ使われたダートバイクのようです。
今回一気にベコベコになってしまったのも、恐らくこの辺りに
隙間が出来て、一気に空気が抜けてしまったのではないでしょうか。

 

↑今回のタイヤチョイスの図
↑窒素ボンベの図

ちなみに、今回のタイヤはミシュランのS1ってモデルを
選定してみました。
特に選定の根拠を持ってないってのもありますが、
先日ウチのお客さまで装着したのが大層具合がよろしいという
話を聞いたばかりだったので、サイズは違えど悪くはなかろう
って事で。

後は、タイヤには素ガスを入れてほしいというご要望が
有りまして、そのように致しました。
いやー、なんかこういうご注文は久しぶりだなぁ~♪

てな事で、大概のことは、何とな~く対応できると思います。
皆さまのご来店、作業のご用命をお待ちしております。
<(_ _)>

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です