Alpine A110 サイレンサーステー修理

↑サイレンサー全景の図

アルピーヌのA110ってモデルのマフラーのサイレンサーです。
Devil製みたいです。白く塗ってあってカッチョE~。
エキゾーストパイプとの嵌合部のステーが
割れてしまったそうで、溶接して欲しいというご依頼です。

 

↑割れちゃってる部拡大の図
↑作業完了~の図
クラック部も溶かしているので、汚くなっちゃったけど気にしないx2

なんか、既に何度か溶接して直してあるみたいです。
もう硬くなっちまっているようで、破片にもクラックが
入りまくってます。
ステーごと全部新しく作り直したいところですが、
今回は突き合わせでくっつけてみようって事に。
ビード部分と塗装を削って、なるべくビードを盛り上げ
ないようにしつつ、また割れないように溶接。
パイプのとば口を溶かさないようにも気を使います。
TIG溶接機は、こういう使い方には最高に便利ですねぇ。

古いクルマの作業は、やらかしまったらどーしよう的な
プレッシャーが高くてイヤです。(笑)

このくらいの作業なら、待ってもらっている間にサクサクっと
終わらせられると思います。
皆さまからの作業のご用命をお待ちしております。
<(_ _)>

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です