進まぬ

↑サイドカバーはぐれたの図

やっとこNSRの作業まで戻ってきました。

 

↑クラッチアウターの受け部分外れたの図

乾式クラッチです。音が出るのも気になるそうです。
そこいら辺りに注意しながら分解ちう。
アウター側のバスケットが結構な感じでグラグラしてます。

 

↑カラー計測ちうの図
↑内径計測ちう

ミッションのメインシャフト上のクラッチアウターの受け部分
(プライマリーギアが載っている部分)は、シャフトにカラーが
入って、2個のニードルベアリングに載っかって回ってます。
そこがグラグラする訳で、何処に遊びが出ているんだか確認したくて
イロイロ計ってます。ベアリングが踏んでいるトコロとそうで
ないトコロの差、あっても極々わずか。
過去の経験からして、ニードルベアリングだけ交換しても
あまりシャキっとした試しがねーんスけどね。
新品触った事ないですけど、そんなにシャッキリしている
モンでもないのでしょうか。
そもそも、音の原因はコレでは無いカモしんないし。

そんな訳で、触り慣れぬエンジンを分解していると
なかなか作業は進まぬモノです。

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です