F24アトラス エンジンオイル交換

↑オイルフィルター交換ちうの図
さて問題です。オイルフィルターはどこでしょう?

本日、朝イチでチョロリと出かける用があって、
ウチのちびトラックを走らせまして、良い感じにエンジンオイルが
かき混ざった所で、交換を決意!

 

↑デカオイル受けパンパンの図

もうかれこれ一ヶ月以上前から、オイル交換しろサインが
出てたんですけど、なかなか良い機会が無くて、
放置してあったんデスよねぇ。

てな事で、まずはドレンボルトを開けて、オイル放出。
なんか知らんですが、9L弱食べるんですよねぇ、このエンジン。

 

↑オイルフィルターの図
↑外したオイルフィルターの図

で、今回はオイルフィルターも交換しようと、部品を用意しておきました。
マジでクソ面倒クサイ事に、クランクケースの左側面にフィルターが
着いてます。アクセスするには、左前輪のホイルハウス内のカバーを
剥がし、リアヒーター用の冷却水ホースをかき分けると、やっと
フィルターのカバーの頭が見えます。
手練れはホイルを外さなくても出来るんだと思いますが、
ヘナチョコなワタクシは、素直に全部外します。

で、当然ですが、フィルターを外すと、そこいら中オイルまみれブー。
なるべくまき散らさないように、ウエスを巻くとか、いろいろやって
みましたが、出てくるオイルの量もハンパ無かったので、
ほとんど意味無かったッス。
素直にぶちまけて、後から必死に掃除するが吉とお見受け申す。

 

↑新品オイルフィルターの図
↑カバー掃除の図
内側もキレイに掃除したった
↑出て来たエンジンオイルの図
コモンレール式、あまりススが出ないのか、まだまだ行けそうなのが出て来た

てな事で、オイル交換というよりは、
ホイルハウス内、およびエンジン側面周辺掃除祭りといった
作業で、大変時間かかりました。
目の前に全輪用のプロペラシャフトとか走っていて、
方輪持ち上げているので、回し放題。ついでに掃除して
ニップルからグリス詰め込み放題。
あー、クルマ持ち上げるリフトがあれば、
こんな事やりたい放題なのになぁ。

外したオイルフィルターのケースもキレイに掃除して
新しいフィルターをセット。エンジンに組み直して、
ホイルハウス内のカバーも元に戻し、ホイルをくみつけて
一件落着。と、思ったら、エンジンオイル入れて無かった。
ペロリと9Lほどのみ込んで、作業完了~。

 

↑エラー確認の図

ついでなので、最後にエラー吐いてないかチェック。
誰も何も文句吐いてませんでした。
コイツが来て早々、エラー吐きまくりで、路上で止まったり
してたのがウソのように、ご機嫌よろしく走っているようです。

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です