プチ働くエンジンモノ祭り

↑新旧部品比較の図

昨日ナル早ご希望な刈払機修理のご依頼を頂きましたが、
本日はエンジンが吹けなくなっちまったという、
Husqvarna製ヘッジトリマを持ち込んで下さったお客さまアリ。

  

↑組み込みちうの図
↑機能復活の図

ウチの店頭にハスクバーナらしき車両が置いてあるのを見て、
もしやと思って持ち込まれたそうです。キャブレターの調整用の
専用工具を探していたようですが、当然ハスクバーナ違いであって、
残念ながらウチにそのような物はございませんでした。
そういや、ウチのハスバーナ製チェーンソーのキャブをいじるにも、
その工具が要るのか!?(と、無駄に欲しがる)

さて、刈払機の方ですが、部品より送料の方が高いという
有りがちパターンではあるものの、マッハで入手に成功。
お預かりより27時間程で、お客さまのお手元に返却できました。
おー、まるで農機具屋さんのようではありませんか。
ま、これもインターネットと、部品をストックしていて
速攻で送り出してくれるお店と、ダッシュで配達してくれる
運送会社がエライだけなのですが。

ともあれ、急に手に入れられた部品は、純正ではなく
汎用部品で、若干ギャンブル的な選定ではあったものの、
届いた品はサイズもちょうど良く、バッチリと機能を果たしました。
心配していた、分解しちまったばっかりに、各部の合わせ面からの
燃料漏れやら、空気吸込やらも無かったようで、試運転では
問題なく、エンジンは元気に回っておりました。
そんな訳で、今回は「通販の部品選定勝負」に勝ち(?)、
見事無事にお役目を果たせたのでありました。

ちなみに、最近この「勝負」の打率はあまり良くなく、
先日は、友達から借りてきたアセチレンと酸素ボンベ用調整器に
組まれていた、ホースを容易に脱着できる、専用のカプラー的な
ヤツを手配した際は、大きく外して、全く使い物にならんモノを
掴んで大敗したばかりです。
やはり利便性向上とリスク上昇は比例する関係にあるようです。

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です