ホイルのアクスルシャフトが抜けないッス!

↑フロントホイル固着の図

10のフサベル、FE390のフロントホイルのアクスルシャフトが
錆びちまったようで、固着。抜けませーん(汗)

 

↑抜けたアクスルシャフトの図
スゲー湿気っていて、カラーとの当り面が錆びてます
↑スペーサーカラーの図

叩いても動かず、大変困った。
ベアリングやフォークを痛めてしまってはイカンので、
結局、フォークを抜いて、シャフトが貫通したまま
ホイルを外し、スッタモンダしてどうにか抜きました。
フォークの間に挟まったままでは、力のやり取りが
出来んデスよねぇ。
(余裕を失い、超大急ぎで作業していたので、全く写真を撮ってなかった)

  

↑アクスルシャフトお手入れちうの図
↑手当て完了~の図
↑ベアリングの図
とりあえず無事だったけど、スペーサーからは錆びてましたー

えー、ワタクシ、いつもホイルを外すと、一度スペーサーからは抜いて、
ダストシールの内側をキレイに掃除して、タップリシリコングリスと
塗ってから組んでます。その甲斐あって、シール内は無事だったのですが、
が、今回の場合、スペーサーカラーとシャフトの隙間から水が
入り込んじゃって悪さしたみたいですね。
恐らく、水中で起こる、接触する異種金属同士の電位差による腐食的な
ストーリーでありましょう。

てな訳で、持てる道具を駆使して、どうにか掃除。
シャフトはすっかり虫食いになっちゃってますが、
スペーサーカラーの内側を通るようにはなりました。

 

↑タイヤ交換ちうの図
↑バランス調整完了~の図

っちゅー事で、やっと本題のタイヤ交換が出来ました。
ホイルのバランスと調整して、一件落着。

あー、長かった。
ED系な車両を公道使用な皆さん、用が無くても
タマにホイルのアクスルシャフトは抜いて、中を乾かし、
掃除&グリスアップして組み直した方が良さそうッスよ。

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です