Husaberg 電源修理

↑配線ほぐしちうの図

05モデル フサベルFS650の修理のご依頼です。
バッテリーが充電しなくなってしまったとの事。

 

↑読み解きちうの図
↑お手入れちうの図

ともあれ、現状の確認から。
バッテリーの電圧を測り、そのままエンジン始動。
アイドル状態でのバッテリー端子間電圧を観察しました。
うむ、ヘッドライトを点けると落ちていきますなー。

こちらの車両、キーシリンダが付いていたり、
ヘッドライトが直流電源化されていたり (STDは交流で点いてます)
かなりカスタマイズされております。
バッテリーから配線を引いて来ており、相当手がかかっていて、
崩してしまうのは気が引けました。

今回、走行中にバッテリーが充電されないという状況に陥って
しまったところをみると、 発電能力が落ちてしまって来たのか、
そもそも直流回路発電容量だけでは、ヘッドライトの電力まで
まかなえないのか、判断が難しいところです。

てな事で、まずはヘッドライトは交流回路で点灯するように
配線し直してみる事に。結果、アイドル状態でバッテリー端子間電圧も
バシバシ落ちて行くような事は無くなりました。
(って、さも全て判っていて、サラリとやってのけたように書いてますが、
比較対象車が沢山あったので、ソレらを見ながら元に戻せただけ)

とりあえず、これで一度走らせて、様子を見てみようと思います。

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です