トライアル自転車フレーム修理

クラック部分を溶接

24インチ用のトライアル自転車のフレームが割れてしまった
という事で、溶接修理のご依頼です。

 

↑自転車全景の図
↑割れた部分拡大の図

てな事で、まずは下準備。
ホイルとフォークを外して頂きまして、おおよそフレームのみな
状態にして頂きました。
で、溶接の準備といたしましては、溶接部分周辺の塗料を削り取り
なるべくゴミと油分を残さぬように表面を掃除します。

 

↑溶接作業ちうの図
↑溶接完了~の図
塗装の被害が最小限になるよう頑張りました

で、いよいよ溶接作業です。
フレームが若干ねじれてしまっていたようなので、
ヘッド部分をバイスに固定して、グイチョとねじり込み
破断面をピタリとくっつけ(るイメージで)、
その隙に数カ所の点付けを行いました。
ってか、アルミなので、少々隙間が空いてしまっていても
全く問題なし、その辺りはやりたい放題な感もある訳ですが(笑)
そこまで出来たら、歪みがなるべく出ないように、左右側面から
順繰りと溶接。溶接工程は、クリーニング幅を変えながら
3回に分けて行ってみました。
後は、速攻でバッコリ割れない事を祈るだけ。ナムナム。

今回は、わざわざ都内からのお越しなので、
待って頂いている間に作業を行わせて頂きました。
前もってご予約頂ければ、予定を調整してマッハ作業にも
対応致しまーす。
(出来る範囲だし、何かトラブルったらお預かりになりますけどね)

皆さまからの作業ご用命をお待ちしております。
<(_ _)>

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です