XR650ステムシャフト引き抜き

ビビってソンした

ホンダXR650のステアリングステムシャフトを分解しました。

 

↑ピンの図

えー、ステムシャフトを抜くのは、そんなに難しい事では無いのですが、
今回の場合、ハンドルロックが装備されている車両用の為なのか、
回転防止と思われるピンが打ってあります。

さー、どうやって抜きましょう?

 

↑M4のネジ切りちうの図

幸い、打ち込んで有るピンは、よくある焼き入りマクリの硬いヤツ
でなくて、すり割りが入っている柔らかそうな中空なヤツでした。
何であれ、抜かない事にはシャフトを押した時に、ヒドイ事になって
しまうので、どうにかして抜かねばなりません。
一晩考えた結論は、ネジ切って引っ掛けて、どうにか抜く作戦。

 

↑ネジ切りに成功の図
↑イロイロ作っては試みちうの図
↑最終案の図

最初は、ネジの頭にスライディングハンマーをどうにかひっかけて
コンコンのコーンだ!とか思ってましたが、ビクともしませんでした。

で、次なる作戦は、プーラー的引き抜き法。
アンダーブラケット本体とピンとの間に、上手い事当て物して
ネジを回せば浮いて来る?
最初はてっとリ早く行けそうなナットとか使ってましたが、
上手く行かず、結局丸棒から削る事になりました。
やはり、急がば回れなのですなぁ。最初からそうすれば良かった。

 

↑悲劇、ネジ切れるの図
ピンボケで良く判らんな
↑溶接&折れたネジ救出に成功の図
↑奮闘の残骸の図

道具も作って、グリグリとピンが抜け始めましたが、
途中でボルトが切れる悲劇が。幸い、折れたボルトの先端は、
チョロリとアンダーブラケット表面より出ていたので、
折れたボルトを溶接して、なんとかリカバー。
危うく大災害になる所でした。

  

↑暖めちうの図
↑プレスちうの図
↑分解に成功の図
↑ピン打ち込み部分の図
たったこんだけだったのか....

てな事で、超スッタモンダして、ステムシャフトの引き抜きに成功。
で、問題視していた回転止めと思われるピンの打ち込み部分を
確認してガッカリ。なんだ、ほんのちょっと当てているくらいじゃ
ないか! コレ、ホントに効いてるんかい?

あー、ビビってソンしたなー。
とは言え、ピンを抜かずに押せば、グチャグチャになったのは
間違いないので、まー、仕方のない手間であったろう。
(と、自分を納得なせるのであった。)

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です