Husaberg FC501 復活プロジェクト その2

うーむ

フサベル FC501の作業進行ちう。
やっぱし、スパークプラグに火が飛びません。
只今、絶賛電気配線の理解ちう。

 

↑Ignition moduleの図

スッカリ火は飛びません。サッパリ訳も判りません。
ムキーっとなっても仕方無いので、一歩一歩進むしかねース。

 

↑Generatorの図

昨日は、実車のワイヤーハーネスを追い回しある程度理解。
どうもホンダのワイヤーハーネスとレギュレータが組まれている
みたいです。FCはモトクロッサーだと思いますので、
FEのジェネレーターとフライホイル、ホンダのワイヤーハーネス、
灯火類を合体させているのかもしれません。スゴ~イ!

で、灯火類系と、点火系のハーネスを分離させて、
(分離できたと思う)やっとこトラブルシュートに入りました。
いろいろトライしていると、 極々、稀に火が飛ぶ事までは
確認できました。 さー、犯人は誰でしょう(笑)

手持ちの資料をひっくり返し、不足分を探したりしてますが、
まだまだ時間がかかりそうです。

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です