Husaberg FC501 復活プロジェクト その1

イヤな悪寒

先日お預かりして参りました、Husaberg FC501(たぶん98)の
作業を開始致しました。

 

↑配線追いかけちうの図

まずはエンジンを始動するところからのスタートです。
その先、どこまで作業を続けるかの判断は、コレをクリアしないと
お話になりません。

まずは、ホコリと崩れた何かのカスだらけの車体を掃除。
外装を外して、作業を開始致します。
いの一番に、スパークプラグに火が飛ぶのかどうかを確認します。

あ。

何かイヤな悪寒が致します。
一応シリーズ化のつもりで、表題に「その1」と付けましたが、
この先があるのか、いきなり暗雲が垂れ込んで参りました。
明日は、もうちょっと深い所まで掘り下げてみたいと思います。
ドキドキ。

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です