05 Husaberg エンジン冷却水漏れ修理

↑セルフスターターモーターのリレー確認ちうの図

ちょっと前のお話ですが、05モデルのフサベルのエンジンからの
冷却水漏れ修理のご依頼を頂きました。

 

↑作業ちうの図
↑問題のシャフトの図
↑止水用のシールの図

割と最近、中古で手に入れた車両だそうで、車検まで取ったのに
水がジャジャ漏りになってしまったそうです。

えー、コレは持病といいますか、かなりなメジャートラブルです。
このエンジンは、バランサーを駆動しているシャフトに
ウォーターポンプのインペラも組まれてまして、エンジンサイドカバーに
組み込まれているオイルシール的な部品で止水しております。
で、そのシールのリップでシャフトが掘れてしまい、
いざ水が漏れ出した際にはシールだけ交換しても、なかなか上手く
漏れが止まらない事が多いのでございます。

 

↑シャフト磨いたの図
↑交換部品選定の図
ナゼか全部在庫していた(笑)
↑シール打ち込みちうの図

今回の場合は、シャフトに掘れてしまった溝が相当な感じで、
お客様が手に入れる前のオーナーさん時代に、シールは交換されて
いたようですが、上手い事漏れが止まらなかったようです。
本来であれば、シャフトごと交換したところですが、
クランクケースを割らないとシャフトが出て来ないので、
今回はダメ元でシャフトを磨いたり、シールの位置をビミョーに
ずらしたりしながら、再度シール交換で対応してみました。

 

↑組み立て完了~の図
↑新旧スターターモーターリレーの図

ダメ元でしたが、奇跡的に漏れは止まったようです。

で、上手く行ったようなので、回らなくなってしまったという
セルフスターターモーターの不具合を確認。
モーターを外して直接電源を入れるとギュンギュン回るので、
リレーから出てくる配線の電圧を確認すると、どうも低いようでした。
接点が焼けてしまったのか、どうにも上手い事電気が流れてくれない
様子なので、リレーを交換。見事復活致しました♪

試運転を続けたところ、水は止まったものの、若干オイルの漏れは
あるみたいでした。こちらに関しては、ジャジャ漏れって訳ではないので、
チョイ様子を見ながら、とりあえず乗ってもらうって事になりました。

てな事で、今回はたまたま上手く行きましたが、
なかなか上手く行かない事が多い作業だったりします。
もし、同じような症状で、当方に作業を依頼したいとお考えの皆さま、
喜んでさせてトライさせては頂きますが、結果についてあまり過度の
期待は持たずにお願い致します。

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

「05 Husaberg エンジン冷却水漏れ修理」への2件のフィードバック

  1. せめてエンジン割らずに
    シャフト交換が出来れば・・・
    縦割りエンジンの構造では
    難しいのかなー
    僕もリレー死にましたw
    両方とも全く同じトラブルを経験(^^)

    1. あのギロチンバランサーが奇抜すぎるのだと思います(笑)

      リレーがお星様になってしまうのは、わりとメジャーなんですね。
      在庫しとこうと思います。< (_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です