UNICクレーン修理

↑今回の修理箇所の図 ユニッピーってカワイイ名前のクレーンです

トラックの荷台に着いている、古川ユニックのUE500A UNIPPYっていう
電動の簡易クレーンの修理です。

 

↑正面からの図 膨らんでおり、側面は摩耗しちゃってます

↑フタおっ外したの図 見事に開いております

えー、一番太いクレーンのアームの端部が変形してしまっております。
変形しちゃったアームの側面が、クレーンのジブ側の側面に擦れちゃって
スッカリすり減っております。流石にコレはヤバいでしょう。

テレスコピック状になっているアームを伸縮する為の油圧シリンダの基部が
アーム端部の上面に溶接されており、その基部がシリンダの力に負けて
変形してしまったようです。そらー、この状況であれば、支点と力点の
位置関係からして、アームのとば口が下方向に沈み込みますわなー。
おそらく本来は、端面にはシッカリとフタが溶接されており、
とば口の突っ張りとして作用して、このような変形を防いでいたのでは
ないでしょうか。端部には、ディスクサンダーでかっ飛ばした溶接痕が
残ってましたので、何らかの理由でフタの外し、四角だけチョイチョイと
溶接されていたので、突っ張りが効かなかったのだと思われます。

 

↑油圧シリンダで押し上げちうの図 ストロークが無いのでイロイロ挟む
↑出っ張りの頂点を押し込みちうの図 バイスでアイアンクロー

てな事で、どうやって形を元に戻そうか悩んでみました。
アームを外して、油圧のプレス等で修正ってのが真っ当案ですが、
その構造上クレーンのワイヤーを一度切らないと分解できそうにないのと、
そもそもクソ重たくて一人でどうにか出来そうにないので、却下。

で、上から押されて変形したなら、下から押し返してやれば良かんべーと
アームの内側に入りそうな油圧シリンダを用意してみました。
モチロン、反対側がドンドン押されて変形していく事は容易に想像が
ついたので、養生もしつつ、変形部分を外側から押し込まねばなりません。
手持ちのモノを眺めて使えそうなモノをさがしたところ、
ちっこいバイスの口でどうにかギリギリくわえる事ができました。
内側から押し上げつつ、側面からアイアンクロー作戦であります。

 

↑作業ちうの図 散らかしまくり

で、なんとなく作業方針が決まった所で、手を変え品を変え
どうにかアームのとば口が、すぼめる事に成功。
気がつくと、なんかイロイロ散らかしマクリであります。

 

↑材料切り出しの図
↑不格好な仕上がりの図 ジブの側面んい擦らなければ良いのだぁ~
↑作業完了~の図 この後、とりあえず超適当缶スプレー塗装だけしといた

とば口の形は元通りとはほど遠い台形ですが、実用上コレで問題無いと
思われるし、コレ以上頑張って、入れ子になっている中のアームのスペースが
損なわれるのもイヤなので、過ぎたるは及ばざるがごとしって事で
こんなモンで勘弁しといてやりました。
後は、ぜってー変形しないと思われる、6mm厚の炭素鋼板を
とば口の形に切り出して、全周モリモリ溶接。コレなら大丈夫っしょ。

 

↑グリースニップルの図 塗装されちゃってました

最後に、関節という関節にグリースを突っ込んでやって作業完了。
カッチョ良く塗り直してもらっているようですが、
グリースを入れるニップルも一緒に塗装されちゃってました。

ぶっちゃけ、見た目よりも、基本的な所を押さえて整備した方が
良いのでは無いかと思いますが、他人様のやる事ですから気にしないx2。

てな事で、コレにて作業完了。
ご用命とあれば、何でも直しますぜ~
皆さまからのご用命をお待ちしております。

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です