いんたーみっしょん

↑バックホーのオイルポンプの図 アブラダダモリブー

本日届くハズの部品を待ってますが、まだ来ませーん。
で、部品を待ちながら、やりたかったウチの小バックホー
「共栄産業さん」のオイルポンプをチェック。

 

↑アブラしとしとの図

ここ最近、全く動かしておりませんが、止めてしばらくすると
ベルハウジング(?)の辺りからアブラーがもの凄い勢いで
ポタポタしてました。キレイなオイルなので、エンジンからではなく、
作動油なのは間違いなさそう。多分オイルポンプ本体のシャフトの
シールからなのではと思いつつ、今日まで放置してましたー。

 

↑油圧配管のフランジネジ穴ピッチ確認ちうの図

↑フランジにくっつけるオイル漏れ止め用フタ作製ちうの図

で、一番の問題は、ポンプを外すに当たってオイルの配管を
外さないとイカンのですが、そうすっとオイルタンクより下にある
配管からオイルがダダ漏れになるであろうという悪寒。
流石にゴムの配管部分も太いので、何かでクランプって訳にも行かず、
ずっと悩んでおりました。で、本日ポンプを眺めてひらめきました。
板で塞げば良いじゃん。って事で、作ってみました。

 

↑配管塞いでポンプ外したの図
↑ポンプお掃除完了~の図

てな事で、オイル配管のフランジにボルトで栓をする感じで板を締め付けて
無事にオイルを止める事に成功。
あまりにオイルデロデロ&バッチかったので、途中写真は撮れてませんが、
オイルポンプ本体の掃除完了~

 

↑ポンプのカバー分解の図 オイルシール型番確認と打ち込み位置確認ちう

毎度のごとくスッタモンダしましたが、無事にオイルポンプシャフトの
オイルシールの型番の確認に成功。早速商社さんに同じようなシールを発注。
後は届くのを待つばかり。
シールを抜いてみたましたが、リップがカッチカチになっていてました。
シールの交換だけでサラっと直ってくれちゃうと、マンモス嬉しいのですが。

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です