いまだ情報収集ちう

↑只今のフロントエンジン様の図 写真中央の白いヒモでワイヤーを横へ引っ張っている

お預かりちうの2CV SAHARAですが、基本放置プレー状態。
とは言え、ちゃんと現車からの情報収集は行っているのデス。

で、ナゼか数日経つと、リアのキャブレターを吊っている
ワイヤーが固着します。原因は、ワイヤーのアウターと
フロント側エンジンのキャブレターを吊っているリンケージ類とが
酷く緩衝するので、多少ムリクリ横に引っ張っている為。
コレを引っ張ってないと、何事も無い事模様。

あと、エンジンをかけた後に、フロント側の機関部
(エンジンか、ミッションかは判らん)から、数日の間油が垂れて来る。
が、しばらくするとほとんど垂れなくなる。

うむ、なんかイロイロと根本的な解決策が求められているらしい。
以前のオーナーさんは、改修する時に、あまり走らせる気が
無かったようで、機能はするけど、耐久性無視みたいな所が多い
気がしますなー。
何事も無く、普通に普段使いができるようになる事を目指すには、
なかなかハードルが高いらしい。

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です