VERSYS-X 250 GIVIトップケース取付用アダプタ作製

↑完成~の図 左からGIVIトップケースのベース、作製したアダプタ、STDキャリア

カワサキのVERSYS-X 250のリアキャリアの天板に
GIVIのトップケース用のベースが取付難いという事で
間に入れるアダプタを作製してみました。

 

↑寸法取り&型紙作製ちうの図 ドラフター大活躍

って事で、ベースの取付用のボルト穴位置と、
キャリアの天板に開いている穴位置を紙に落として
お互いの位置関係を決定。型紙を作製。
こんな時、何だかんだドラフターが大活躍♡
やっぱ、一個だけ作るにゃ、アナログ作戦が手っ取り早い。

 

↑アダプタ単体の図 採寸頑張った甲斐があって、穴位置ピッタリ♡
↑天板と合体の図
↑ベースと合体の図
↑合体状態の裏からの図
↑全面からの図 なるべくペタンコにしてみました

当初、一枚モノでというお話でしたが、予算の関係もあるし、
なにより重たくなるので、6mmのアルミ板で2ピースに
してみました。トップケースのベースにかなり強度があるので、
コレでも全く問題ないでしょう。

それにしても、カワサキの250ccのバイクで、あんなモデルが
有るなんて全くしりませんでした。しかもお安いみたいだし。
H2Rとかおふざけが過ぎるモデルとかも作っちゃっているし、
カワサキ、頑張ってるなー♡

投稿者: okamochi@tensyu

個人事業主にして、岡本商店 店主。

「VERSYS-X 250 GIVIトップケース取付用アダプタ作製」への3件のフィードバック

  1. 当方同じVERSYS250購入したのですが、純正のトップボックスはちょっとちゃち過ぎるので、GIVIのモノキーつけようと考えていましたところこのサイトにめぐり合いました。
    このアルミ板作製依頼するとして、おいくらで販売されますか?
    是非ともお教えいただきたくお願い致します。

    1. お問い合わせ頂き、ありがとうございます。
      ご登録頂きましたメールアドレス宛てに、直接メッセージを送らせて頂きましたので、ご確認願います。
      < (_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です